板金塗装を行なって元通りにする~バンバン解決塗装術~

車

板金塗装を依頼

板金塗装を業者に依頼するのにはお金が少なからずかかるものです。少しのお金でも節約して行きたい場合に、自分で板金塗装を行うことも出来なくはないです。いくつかのものがあれば自分でも行うことができます。パテは車のへこみを取る粘土のような物で、これによってへこんでいる部分に肉付けします。へこみが大きい場合はファイバーパテを準備しておいたほうがいいでしょう。当て板はパテを該当箇所に塗ったあとにそのパテを平らになめすために使用するものです。サンドペーパーこれは硬化したパテを研ぐヤスリのようなものです。それぞれナンバーがついており、基本的には120~1500番が揃っておけば大丈夫です。マスキングテープこれは塗装時に、塗装しない部分に対して貼るテープです。よく新聞紙が貼られているところを見かけますが、あれはマスキングテープの上に貼られています。サフェーサーは使用したパテを研いで形を整えたあとに塗る、下地に使用する塗料のことをいいます。これを使用しないとパテが塗料を吸ってしまいます。塗料は最低限必要なものです。板金塗装を行う車のボディと全く同色の色を使用しましょう。ナンバーなどの確認は必ず行ってください。コンパウンドは塗装が乾いた後使用するもので、該当箇所を磨くときに使用します。これらを全く間違うこと無く、職人レベルで綺麗に仕上げることができるならば、自分で板金塗装を行なうことには大きな意味がありますが、全く知識が無く経験もない場合は、できるだけ専門の業者に依頼する方が得策です。